ほくろを増やさず目立たなくするには

ほくろは他人から見れば意外とチャームポイントで
あったりもするのですが、
本人はやはり気になってしまいます。

そんなほくろを薄くして目立たなくさせるには
どうしたらよいのでしょうか。

ほくろはアザの一種で、
黒あざの一番小さいものです。

メラニン色素を生成するメラノサイトという
色素細胞が集まったもので、
良性の皮膚病変とされています。

ほくろには先天性のものと後天性のものがあり、
先天性のものは遺伝子に関連していて
10代くらいまでにできるもので、

後天性のものは紫外線やその他
物理的な刺激によって20代以降にできます。

まずはほくろを増やさないために
紫外線を浴びないようUVケアをしっかりすることです。

そして日頃のストレスや疲労、
生活習慣の乱れなどもメラノサイトを刺激します。
きつい下着や皮膚がこすれるなどといった刺激でも
細胞が傷ついてほくろの原因になる場合もあるので注意しましょう。

できてしまったほくろを薄くするには、
やはり色素沈着を防ぐビタミンCや
メラニン色素の排出をサポートしてくれる
ビタミンEを多く摂るように心がけたり、
ストレスの少ない生活を送る工夫をするなどが大切になってきます。

また、化粧水は無添加で美白と
保湿ができるのものを選ぶようにします。

ほくろが気になって頻繁に触ってしまうと
メラノサイトを刺激して大きくなったり
盛り上がってしまう場合もありますので、
他に集中できること、熱中できることなどを
探して、なるべくほくろを気にしないこともポイントです。

★私が日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

★美白に効果がある無添加の洗顔石けんは
保存料も着色料も防腐剤も無添加
安心材料から出来ているくすみ専用の洗顔石けんの
二十年ほいっぷ
が美白効果も高く人気です

公式サイト→くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

関連記事: