くすみを消して透明肌になりたい時は?

くすみを消して透明肌になりたい時はどうしたらいいでしょうか?

年齢を重ねるごとに、顔がくすむ・・・。
深刻な悩みですよね。

10代、20代の頃は、なんにも気にしないでよかった悩みも、30代前半辺りから、急にくすみについて悩む方も多いですね。
私もそうでした。

くすみの原因には、いろいろとあります。

・紫外線の浴びることによる、メラニンくすみ。
・角質が詰まり、悪化してくすみが生じる汚れくすみ。
・血行不良によって生じる青くすみ。
・乾燥によって生じる乾燥くすみ。
・化粧品など合わなかったことで生じるくすみ。
などがあります。

くすみは基本、体の内側からと外側からケアしなければなりません。

とにかく、血行を促進しターンオーバーを正常にすることが大切です!

夏場の暑さでお肌のターンオーバーが乱れたり、冷たいものの摂取が多かったりして体を冷やしてしまっていると代謝も悪くなってしまいます・・・。

しょうが、唐辛子、スパイスなどは発汗作用があって血流を促してくれるので
代謝アップに良いので、適度に摂取した方が良いでしょう^^

逆に摂取しすぎると、むくみ、味覚障害、高血圧などを起こす可能性が高いので、適度にが良いですね。

蒸しタオルを顔にあてて、タオルパックすることも良いですよ。
血行が良くなって、顔色も明るく見えます。

タオルが熱すぎると悪影響なので、入浴する時の温度ぐらいが良いと思います。

また、ビタミン類は必ず摂取するように心がけましょう。
忙しくてなかなかビタミンを摂れない方は、サプリや美白医薬品を飲むのもいいですよ。
おすすめは、ロスミンローヤルです。
しみやくすみの改善効果でエイジングケアにこれ1つでOKと人気なのです。
ロスミンローヤルの美白効果と口コミ

ビタミンはお肌の再生に欠かせない、大事な栄養素の1つですので自分から進んで摂取して下さい。
シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】

また、洗顔を見直すことも大切です。

古くなった角質汚れや毛穴汚れはしっかりと落とし、
その後の保湿もたっぷり行いましょう。

洗顔は、きめ細かな泡でお肌の奥まで入った汚れしっかり落とすことが大事なのです。
汚れがしっかりと落ちないとお肌がくすんで見えますし、透明感も出ません。

なので、きめ細かい泡のたつ洗顔を選ぶようにしましょう。

特に、くすみ改善に効果が高いのが二十年ほいっぷです。
くすみを消す二十年ほいっぷの効果

私もお気に入りで、顔だけでなく首や乳首やVIOラインや肘や膝など全身美白に使っています。
泡が簡単にできてモコモコしていて洗いやすいです。
潤いながら透明感がある肌になります。
公式サイト→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』

関連記事: